2019/03

<< March 2019 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


LATEST ENTRIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

LINKS

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark


次の行先は…




中国2回目行ってきました。
一度めのコースと違い、北京・西安・桂林・上海という観光都市をぐるっと回るという内容で、高山病の恐れもなく、激安ツアーなのになぜかホテルも五つ星ばかりで、超らくちん。
お客さん6名中なんと3名が中国人というありえないツアーでしたが、またしても全員仏のように優しい方ばかりで、本当につつがなくツアーを終えることができました。

中国の都市はどこいっても、かなりきれい!
右肩上がりの経済成長と、都会と農村の格差という問題が、現実味をおびて感じられました。
北京は、大通りに緑が沢山。黄砂と排気ガスで霞んだイメージとはだいぶ違いました。
西安も、さすが古都らしい碁盤の目の街並みと堅牢な城壁が見ごたえたっぷり。
趣ある市街の様子に、中国人たちも大感動する素敵な町並みでした。
さすがに、これがあの、平城京や平安京のモデルになった長安か!と思うとあんまり中国に興味がなかった私も感動しましたよ!
天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山にいでし月かも
の阿倍仲麻呂を思い出しては、「よくぞこんな遠くまで…」と熱い気持ちになったり。
でも春日の響きについつい、オードリーを連想した自分が嫌になりました。
桂林にいたっては、地味な山水画のイメージとは程遠く、町中はネオンがきらめき、ある一角なんて新宿東口大ガードのあたりにそっくり!
沖縄と同じくらいの緯度にあるだけあって、気候は亜熱帯。
適度に観光地らしくって、中国と東南アジアの中間のような熱っぽい感じがすごく楽しかった。
上海は、東京人もびっくりの大都会!
有名なテレビ塔や森ビルのあたりもすごいけど、摩天楼だらけの中にヨーロッパに占領された時代の建物もまじって…夜景が特にすばらしかったです。

どこに行っても感じたのは、「さすが中国人、自分らの見せ方分かってますな!」てこと。
ツアーで行くようないわゆる観光地はすごく綺麗に整備されていて、観光客向けのショーなんかもすっごくクオリティ高くて、良くも悪くもものすごく積極的に観光資源をアピールしている。
控えめなのが日本の良さなのだけど、価値あるものの価値をもっとひきたたせる面白いイベントとかしかけとか、そういうプロデュース力ってのは日本も中国に見習うべきことがあるかも?と思った。
もし、今後ツアーでの集客を狙うとしたら、日本のインバウンド(訪日旅行)業界もほんとうかうかしてられないなぁ、という気持ちになりました。

ひとつショックだったのは、現地のガイドさんと話していたときに聞かされた愚痴。
今回私が行ったのは、6日間で、上記の4都市をまわり、全部五つ星級のホテルに泊まり、食事も全部ついていて、国内線・国際線あわせて5回ものフライト料金に燃油代、そしてもちろん人件費まで全部全部込みこみでたったの9万円!という信じられない格安ツアー。
そのしわよせがどこにきているかというと…現地のガイドさんやドライバーさんが、ほとんどボランティア状態で働いているんだそうです。
これはここ最近始まったことではなく、もう何十年も前から、格安ツアーにはつきまとっている問題なんだとか。
少しでも安くして売りたい旅行会社の気持ちは分かるけど…そんなことまでして安いツアーを作るってのはいかがなものだろうか。
それで結果ガイドの質が下がったりするのはめぐりめぐって絶対良くないし。
それを聞かされてもただ恐縮するのみでどうすることもできない添乗員。
そんな中でも、本当に誠実に仕事をまっとうしてくれたガイドさんとドライバーさん達には本当に感謝です。

今後もしアジアの格安ツアーに行くことがあったら、こういう実情も少し頭に入れて、お土産ショッピングに必死になるガイドさんを温かく見守ってあげてください。
できたらちょっとくらい、チップを差し上げても全然、やりすぎじゃないと思う。

ほんと、いろいろ考えさせられる仕事です…

今回もうひとつ学んだことは、「添乗員たるものマキロン必須!」ということです。
桂林で泊まったホテルが、マンションタイプで全室スイートみたいな広大な部屋でですね、部屋の電話からお風呂までの距離がえらい遠かったの。
そんな時に限ってお風呂に電話がついてなくって…そしてそんな時に限って入浴中に電話がかかってくるんですね…
大いそぎで電話をとろうと駈け出した瞬間、濡れたお風呂場の床でトゥルーン!と転びました。
一体どこにぶつけたのやら、左手首の皮がずる向けて流血!
いよいよ、いざという時のために持ち歩いてた応急セットが役に立つ!といさんでガーゼや防水フィルムで保護ようとしたんですが、肝心な消毒液持ってくるの忘れててオロオロ^^;
けっきょく自分のことなので面倒くさくて、帰国まで適当に処置してどうにかなったけど、お客さんだったら絶対傷の手当してあげなきゃだもんね!
痛い目にあってようやくわかることっていろいろあるわ〜★

ところで、スランプはあっという間に脱しました。
もう、5月も後半ですね。
今はただただ、スランプというより、ストレスが溜っています!
だって、ここ数か月、全然遊んでないんだもん!
諸事情ありまして…仕事か、家にいるか、のどっちか。
飲みに行ったりすることはあっても、キャンプとかライブとか温泉とかカラオケとかドライブとかツーリングとか、友達と意味もなくオールみたいな、そういう気楽な遊びをしばらく経験していません。
そろそろ禁断症状が出そうです!
バンドやりたいが口癖になってきました。
あーapバンクフェス行きたい…
有給とってボランティアでもいいから行こうかなー
音楽とおいしいものと自然があって汗流して仲間が広がる、そういうイベントが必要だ!

今日はちょー久しぶりに、kawloon氏がうちに遊びに来ました。
というか、私が去年の9月からほぼ9カ月の長きにわたりかりていたBLEACHとNARUTOを、わざわざ車でとりにきてくれたのでした。
日本人の常識として読んどくべきだろう、と思って借りたんですが、どっちも面白かったー
だいぶ前にJUMPは卒業してしまったんですけど、面白いもんはやっぱまとめてコミックで読むといくつになっても面白いですね。
あー漫画読み放題の日本に生まれて良かった!
それにしても大学の友人に会うのは正月以来だったので懐かしかったです。

さぁ、そして次の仕事は…明後日からまた海外!
次はオーストラリア!
初南半球、そして久々の英語圏だよ〜!

**写真は、全然脈絡ないですが去年の12月にpepeと行った高円寺のカフェHATTIFNATより。
http://www.too-ticki.com/hatt-HP/
すっっっごくかわいらしい内装に、めっっっちゃおいしいスイーツという最強コンビで、私ら二人を完全ノックアウトしたカフェでした!
一面お絵かきされた壁に、秘密めいた屋根裏(ロフト)席!
ちょーーーおすすめです♪


スポンサーサイト

 


comment

久々に見たが世界飛び回ってがんばっとるのねー。
おつかれおつかれ。
くれぐれも体には気をつけて。
新型インフルとか。

とても忙しそうだが落ちいついたらゆっくり茶でも酒でも歌でも。

例の漫画はいつでもいいので。
めんどくさかったら読まずに返すもよし、読んだフリして返すもよし。

  • めやいり
  • 2009/05/18 8:40 AM

インフルエンザニュースが騒がしい中、海外添乗で行ったり来たりのご活躍。あっぱれです!九寨溝へ行ったことがないので、写真を含め楽しく日記を拝見しました。今頃はオーストラリアですね。又ツアー報告、楽しみにしています。

■めやいり氏

ありがと〜〜
いやいや、例の漫画ちゃんと読むよ。
読んだフリて 笑
長らくごめんね!

漫画はとりあえず置いといても、また遊ぼうね♪

■Taptimさん

いやいやーー、タプティムさんほどではないですよ!
やっと添乗に慣れてきましたけど、タプティムさんのように颯爽とはしてません^^;
でも面白いお仕事ですよね。
九寨溝は確かにクルーズ添乗ではいかなさそうですね 笑
日記読んでくださってありがとうございます。
私もタプティムさんの近況報告楽しみにしています!

  • かよ
  • 2009/05/19 8:10 AM

お仕事お疲れ様ね!
今回は会えないけど、オーストラリア、お待ちしております!

中国の添乗員さんの話を聞くと、
ある意味、旅先で金を使うのは良いことなのかもね、とか思ったり。

あ、オーストラリアでは使わなくて良いよw

  • 銅鑼
  • 2009/05/20 8:24 AM

ただいまー!
いやぁ、オーストラリアいいとこだねぇ。
良くも悪くもイギリスに似てるけど、イギリスほど歴史の主張がなくてものすごくあっけらかんとしてる感じ。
ブリスベンの街並みがかなりツボでした。
ていうか、コアラかわいすぎ!!!
イギリスより全然ごはんおいしかったし!

AUSドル思わず使っちゃった、シーフードBuffetに…^^;

  • かよ
  • 2009/05/25 12:26 AM










(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--