2019/03

<< March 2019 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


LATEST ENTRIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

LINKS

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark


桜の見納@高野山と吉野



【明日香村。菜の花と桜の競演!色がかわいすぎです。】



【石舞台周辺の桜。色とりどりで目移りします。】



【里の風景たまらん〜菜の花と田圃のコンビネーションつえー】



【高野山。奥の院までの杉並木のまわりには無数の墓所がひろがります。】



【何の願掛けなのか?切株が一円玉だらけ!】



【苔むした石灯籠がたまらない雰囲気をかもしていました】



【目にもまぶしい吉野の桜!】



【ザッツ吉野な風景】



【すこーし過ぎてたけど、まだまだピンクの山腹は圧巻】



【この桜吹雪が目にはいらぬか!】



【桜のトンネルの間を楽しげに歩くお客さんたち】



【どこぞのおばあちゃんたちもまったりうっとり…】



【道ばたのしだれも見事でしたよ】



【嘘みたいにいい天気。ピンクと青がお互いに映えて最高です。】



【すぐ下をみおろすと民家が見えました。なんて幸せ者…】



【もう何も言葉は必要ないでしょう】



【歯がため地蔵尊。歯をじょうぶにしてくれるんですって。御祈祷済み歯ブラシとか売ってました。なぜかすごく親近感が…】

怒涛の花見週間、締めくくりは奈良の飛鳥・吉野、そして和歌山は高野山でした。
どこも、素晴らしかったです!

初日の昼は奈良県明日香村。
くどいですが聖徳太子好き(日出る処の天子が好きだからでしょ?と現地駐在中のY氏にすぐさま見抜かれてしまいました。さすが…そういうお客さんが多いんでしょうね)の私としては、「右手に見えるあまかす山には、もともと蘇我の大きな館が立っていたんですよ〜」等のガイドさんの案内にいちいち心の中で狂喜乱舞でした。
また、素晴らしいお天気で、いかにもイメージ通りというかイメージ以上に「飛鳥」なたたずまいの里の中に、美しい桜のピンクと菜の花の黄色が映えて映えて、何これ、極楽?てくらい気持ちよかったです。

夜は、いわずとしれた真言宗の総本山高野山。
何となく禅宗の方がなじみ深い感じがするので、山岳密教なんていまいちピンとこない、てのはあるのですが、巨大な金ピカ大日如来像とか、曼荼羅図とか、インドの仏教と通じるものを感じてこれはこれで感激しました。
高野山が、幽玄の山の中にたたずむお寺ではなく、ほぼ小さな町のような集落になっている!ということを知ったのも驚きでした。
沢山の宿坊やお店や民家や、大学まであって、伽藍から奥の院まで歩いたらかなりの距離。
山の上に点在する厳しい修行の場を思い浮かべていたとしたらだいぶイメージとちがってびっくりするかもしれません。
奥の院のその奥には、弘法大師(空海)のご廟があります。
そして、院の敷地入口から廟まで続く参道沿いには、そうそうたる歴史的人物の墓石が連なっているのです。
1000年の長い歴史の中で、幾多の人たちが、この日本の原始的な仏教の二大柱のひとつである高野山という霊場に思いを馳せ、死後の世界での居場所を求めてきたのか、ということを感じさせられました。
何かやはり、圧倒的なものを感じました。
霊的なものを感じ、家族の菩提を弔う気持ちは、多かれ少なかれすべての人間が共有しえる感覚なのではないでしょうか。
そういう意味で、ここはある意味もっとも、そこに名を刻まれている過去の歴史的重要人物たちと、今に生きている私が心を通わしやすい場所だったかもしれないです。

その夜の宿坊は、精進料理がめちゃくちゃおいしいし、部屋にはこたつあるし24時間入り放題の天然温泉だし、そんじょそこらの旅館よりもよっぽど心地よく、嬉しいような悲しいようなでした。
でも、精進料理めっさおいしかった…あれはもう一度食べたい…

翌日は朝から吉野へ。
この時期の土曜日ですから、もちろん、大混雑です!
かなり遅れての到着で、滞在時間を削らなければならなかったのが辛いとこでしたが、吉野の下千本、中千本の桜は、ちょうど満開をほんのちょっと過ぎたくらいで、ほぼ見ごろ!
お天気も、ぽかぽかを通り越して暑いくらいに絶好調で、かなり楽しい散策となりました。
普段はどうか知りませんが、この桜の時期の吉野のにぎわいようといったら、浅草や江ノ島や清水や色んなものを全部足したような浮かれっぷりです。
桜は素晴らしく、地元のおいしいものがたくさん売っていて、神社やお寺など道すがら立ち寄れる遺産が色々あって、ここは一生に一度は来なきゃ損だ!と思いました。
人ごみの辛さをさっぴいても、桜の時期の吉野は良いです。
外国人にもぜひとも進めたいと思いました。
また、ゆっくり訪れてみたいところです。
この山も、役行者が修験道をひらいたところであり、後醍醐天皇が南朝をおいたところであり、松尾芭蕉も訪れたところであり、歴史の舞台に何度も登場しているところです。

飛鳥でも、吉野でも思いましたが、やはり、奈良は奈良で、京都とは違った、古の都の風格があるなぁ、と感じました。
どちらを向いても、パワーみなぎる山々に囲まれ、里の風景は美しくて、ここに人が魅せられ、信仰が生まれ、大勢の人間が集まる集落として栄えていったのはとても自然なことのように思えました。
京都よりも、もっと根源的な、日本人の心のあり方を垣間見たような気もしました。
…というほど、ゆっくりしっかりひたっている暇もなかったのですけど、今思えば奈良独特の迫力の中にそういうものを感じ取ったのかなぁ、と思います。

吉野山を降りて、次の又兵衛桜を目指して移動する道中、えもいわれぬ美しい里を通り過ぎました。
ガイドさんも初めて通ったとのことで、名前も何も分からなかったのですが、近くまで迫ってきている山並みをバックに、田畑や古い家並みの里の風景が広がり、その中に絶妙なバランスで満開の吉野桜が点在しているのでした!
お客さんもガイドさんも私もしばし車窓から風景にみとれました…
おりることも、名前を知ることもできなかったんですが、あれは一体どこだったのだろう。
人ごみもなく、ある意味このツアー一番のハイライトかも?とガイドさんも興奮するほどの美しい風景でした。
当然写真も残っておらず残念です。いつかあの場所を突き止めたいものですが。

桜は、それひとつだけでも美しいものです。
家の近くに咲いている桜も、すごく魅力的で、近くをとおるときは見惚れてしまいます。
けれどもやはり、歴史に名高い桜の名所には、本当に本当に桜が似合うもんだなぁ、とこのお花見週間を終えて実感しました。
そういうところに咲いている桜は、ただきれいなだけじゃなくて、時に気高さに圧倒されたり、時に見ているこちらを昔の和歌の時代にまで引き戻してくれたり、華やかさとはかなさが同居する桜の魅力を最大限に発揮していました。
おかげでこれまでそこまで特別桜に興味がなかった私も、ようやくまっとうな?桜ファンになれた気がします。

来年、関西方面でのお花見を検討する方は、JR東海ツアーズはけっこうおすすめですよ!
悪口は伏せ字で書くけど 笑 褒めるなら旅行会社の名前出してもよいよね。
ここのはわりとツボをこころえていて、お客さんの気持ちを考えて組んであると思います。
今回の関西方面桜ツアー、近江も京都も奈良も和歌山も全部ここのツアーでした♪

これでしばしまた国内を離れます…
今週末から5月にかけては3連続で中国…
う、うれしいような、悲しいような。トイレがやだーー


スポンサーサイト

 


comment

中国へはトイレットペーパーの芯を抜いて持っていきましょう。
つぶせばかさばりませんよ。

また梅丹本舗の梅肉エキスの錠剤(できれば原液のままの物)を持って行き、朝・晩飲めば疲れも取れやすくなりますし、ある程度下痢の予防にもなりますよ。

お気を付けて、いってらっしゃいませ。

  • 唯心
  • 2009/04/16 12:54 PM

わたしも例年桜の時期に行くんだけど、今年はGWに家族旅行に行きます。どのへんあたろうか今ちょうど考えてます。私は嵯峨野のトロッコに乗って川下りがしたいが、60近い親を連れだってアドベンチャーもどうかと、悩み中です。
中国レポ楽しみにしてる!気をつけていってらっしゃい。

  • emco
  • 2009/04/16 2:25 PM

■唯心さん

そうですね、芯抜きトイレットペーパーは必須ですね☆
梅丹本舗のではないですが、梅肉エキスが冷蔵庫に入っていたのでそれも持って行きます。
アドバイス、ありがとうございます!!

■emco

お〜例年桜の時期に京都行ってたんだ!やる〜
家族旅行か。安永家赤池家総出なの?
川下りも楽しそうだねぇ。
うちの親を見てると還暦なんてまだまだ若い、と思うよ、だからきっとアドベンチャーも大丈夫!
emcoのお父さんもなんかアドベンチャー好きそうじゃない 笑

中国かなり心配〜
応援ありがとー今度は入院しないように気をつける〜

  • かよ
  • 2009/04/18 6:25 PM










(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--